一度、考えてみませんか?療養をするなら、自宅で?病院で?

>

自宅療養の方がいいの?

自宅療養のデメリット

メリットも多くある自宅療養ですが、もちろんデメリットもあります。

前述したとおり、万が一の急変時に入院療養に比べて不安があることです。

また、家族の負担もあります。
急変時に備えた24時間対応の訪問看護サービスもありますが、24時間自宅に看護師がいてくれるわけではありません。
入院療養では看護師がサポートしてくれる食事や服薬なども、家族がサポートする必要がある場合があります。

診療時に使用できる医療機器にも限りがあるため、できること、できないことがどうしてもあります。

家族は最後まで面倒をみる覚悟も必要といわれていますが、困った際は病院を頼ることも必要です。
我慢しすぎず、頑張りすぎないことも家族には必要です。

実際に自宅療養を始めてから「こんなはずではなかったのに」と後悔することのないように、事前にデメリットも理解したうえでしっかり検討したいですね。

おわりに

これまで、自宅療養についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

もしもの未来で、自宅療養をするか、入院療養をするかの選択をしなければならないときにも、自分ひとりで考えなければならない…ということはありません。

主治医だけではなく、地域によっては自宅療養に関するサポートセンターや、地域を包括した総合相談窓口として設置されている支援センターなどがあるので、そのような窓口に相談してみることも良いと思います。
もちろん一番大切なのは、自分自身の気持ちや家族の気持ちですが、第三者的な立場で、客観的な意見を聞くことも良さそうですよね。

昔に比べて、時代や国民のニーズの変化によって自宅療養のかたちも少しずつ変わってきました。
今後も、さらに国民のニーズに沿う医療サービスが提供されていく可能性も考えられます。
いつかの未来では、もしかすると自宅療養がより身近なものになっているかもしれませんね。