自宅療養って入院よりいいの?

一度、考えてみませんか?療養をするなら、自宅で?病院で?

自宅療養、したいですか?

そもそも、どうして自宅療養をすることができるのでしょうか? それは、沢山の職業の人々が自宅療養をサポートしてくれ、自宅にいながら医療ケアを受けることができるからです。 地域によって多少違いがあるかと思いますので、これからご紹介するサポート例は一例として参考にしてくださいね。

自宅療養ができるワケ

近年、インターネットが普及したことや24時間対応の医療施設の体制が整備されたことにより、自宅にいながら自身に必要な医療ケアが受けられるようになってきました。

このような想像はあまり積極的に考えたいものではないですが、私自身「もしも自分が何か病気になってしまったり、大きなケガをしてしまったりしたときに、在宅医療をうけて自宅療養したいかどうか」を一度考えてみたいと思っていました。

何故なら、万が一の際に、家族のためにも自分の意志を伝えることができたほうが良いと、私は考えているからです。

生きている限り、いつどのようなことが自分の身に起きるかはわかりません。

もちろん、そのときの家庭の状況や自分の気持ち、そして家族の気持ちが重要なので、事前に「何か起こったら必ず自宅療養にする!」とか「絶対に入院療養にする!」とかを決めることはできません。

ですが、いざその時になって急に調べたり考えたりするよりも、事前に少しでも知識を持っていたり考えておいたりするほうが、冷静に考えることができるかもしれませんよね。

このサイトでは、在宅医療とはどのようなものなのか、病院に入院して療養することとどのように違うのかなどをまとめました。

もしよろしければ、あなたも万が一のときに備えて、自宅療養をするとはどのようなことなのか、そして何となくでも自分の意志はどうなのかを一緒に考えてみませんか?

もちろん、今はさらっと目を通すだけにして、時間のあるときにゆっくり考えるのもいいと思います。

まずは、自宅療養はどのように成り立つのかをみていきましょう。

おすすめリンク

自宅療養のメリットとは?

自宅療養がどのような人々のサポートで成り立つのかはわかりましたが、自宅療養をすることで入院療養と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか? このページでは、自宅療養のメリットや、近年推進されている理由をご紹介しています。 さっそくみていきましょう!

自宅療養の方がいいの?

これまでのページで、自宅療養のサポート体制やメリットについてみてきました。 メリットも沢山あるし、自宅療養の方がいいってこと?と思ったあなた、完全にそう判断してしまうのは少し待ってください! このページでは、自宅療養のデメリットなどをご紹介しています。 是非最後まで目を通してみてくださいね。